大阪・兵庫・京都・滋賀の倉庫・建物に関する環境改善|大規模修繕・遮熱塗料・結露防止・電子ブレーカー・空調・補助金申請サポート

TEL:075-741-8810 【受付時間】9:00〜18:00(平日)

HOME > 社員ブログ > 空調と扇風機の併用で工場や倉庫の環境改善

社員ブログ

ツイートする

空調と扇風機の併用で工場や倉庫の環境改善

2021.03.20 23:40

こんにちは前川です。

年々、夏が暑くなってきていると言われていますね。
たしかに自分の子どもの頃と比べると暑くなっているように感じます。

今回は1年ほど前の工事のお話です。
兵庫県神戸市の某倉庫の空調工事についてお伝えします。

夏場に倉庫が熱くなるので、空調を設置して欲しいとのご依頼でした。
広さはおよそ900m2(平方メートル)です。
「テニスコート5面ぐらいの広さ」というと、イメージできますでしょうか。

その「テニスコート5面ぐらいの広さ」がある空間を冷やすため、単純に容量分のエアコン導入すると何千万円という経費がかかってしまいます。
そこでエアコンをできるだけ減らし、扇風機を併用することで涼しくなるように設計しました。

エアコンと併用することで倉庫内の温度を効率よくコントロールする方法はいくつかあります。
例えばサーキュレーター(主に空気を循環させるための扇風機)やシーリングファン(天井用扇風機)を取り付け空気の流れをつくると、気温だけではなく体感温度も下がります。

施工前、真夏の倉庫内はかなりの暑さとなっていたのだそうですが、「空調工事後はそこまで熱くならずに快適に作業ができるようになりました」との感想をいただきました。
ありがとうございます。

近年、春や秋でも摂氏25度以上の夏日となることもあります。
屋内作業でも熱中症になって倒れる方もいます。
環境改善と併せて水分補給なども忘れないように!と自戒もこめ、来る夏を乗り切っていきたいと思います。

この記事を書いた人前川 宗俊社員紹介ページへ

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]