大阪・兵庫・京都・滋賀の倉庫・建物に関する環境改善|大規模修繕・遮熱塗料・結露防止・電子ブレーカー・空調・補助金申請サポート

TEL:075-741-8810 【受付時間】9:00〜18:00(平日)

HOME > 社員ブログ

社員ブログ

畜産業界の方必見!家畜舎にも使える遮熱塗装【お客様ご訪問実績】

2021.04.23 03:26



こんにちは。
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

だんだんと暖かくなり、夏に向けての商品も街中やインターネットショッピングサイトでも見かけるようになりました。

一方の酪農などの畜産業のみなさまも「動物たちの暑さ対策に力を入れたい」とお考えではないでしょうか。

これから2021年の猛暑が迫りくる中、夏の暑さに困っているのは工場や倉庫などで働く作業員だけではなく、牛や豚・ニワトリなどの動物たちも当てはまるということに改めて気づかされました。

今回は、お客様の訪問事例から、動物たちの暮らす舎の屋根塗装に遮熱塗装がおすすめである理由をお話します。

今回のブログをもとに、畜産業など動物に関わる事業を営んでいる方の暑さ対策の選択肢として遮熱塗装も検討していただけると幸いです。


農場の動物たちも暑さで困っている
今回、私は愛知県で畜産業を営むお客様の遮熱塗装のテスト施工を提案しました。

業者の方はもちろん、一般の方も出入り自由で、生みたてのたまごを自由に購入できるなどとても開けた場所です。

お客様はこれまで独自の暑さ対策を講じてきたそうですが、お話の中で現在の日本の暑さは自己流の対策ではどうしようもないことがわかりました。


舎の構造上、農場の動物たちに空調を使えないというお悩み
特に畜産業の場合、空気の入れ替えなどの理由で密閉空間における家畜の飼育は難しいと言えます。

今回ご訪問させていただいたお客様の場合、空調での温度調整が困難であることから、打ち水(散水)にて屋根を冷やして舎の温度を下げていたようです。

打ち水などの散水は、水を撒くことで表面を冷やし温度を下げるというもの。

しかし、現在の日本の暑さは打ち水や散水などではわずかに下がる程度でほとんど効果が見られないほど高温になっています。

お客様も、散水ではどうしようもない暑さでお悩みでした。


舎の暑さの原因は輻射熱
舎に限らず、工場や倉庫などでも生じる暑さの原因は、日中の暑さを逃がせないまま建材が溜め込んでしまう「輻射熱(ふくしゃねつ)」です。

これまでは、夜が涼しくなることで建物の熱を外に逃がしていました。

しかし、最近は夜でも30度以上となる場合が増えてきたことで、建物の熱が放出されにくくなっているのです。

放出できなくなった熱は、まるで熱中症の時と同じような状態。
熱は建物に蓄積され、夜になっても暑いだけでなく、朝もむわっとした暑さが残りやすくなります。


農場の動物たちへの影響
畜産業を営むお客様によれば、牛は暑さによるストレスが牛乳の生産に関わるだけでなく、ニワトリの場合は暑さにより死んでしまうという事例が多いとのことです。

さらに、豚もエサを食べなくなってしまうとのこと。
畜産業と暑さ対策は切っても切り離せないことがわかります。


動物のいる場所でも使える「遮熱塗装」

塗料と聞くと、動物に対する安全性が懸念されることでしょう。

当社が取り扱う遮熱塗料「アドグリーンコート」は、人体にも環境にも優しい「水系塗料」であるため、動物がいる環境でも安心してご利用可能です。

「アドグリーンコート」を販売するNCK販売株式会社の実績として、動物が関わる施工事例に以下が挙げられます。

・サファリパーク 百獣の王バックヤード
・厩舎(きゅうしゃ)
・鶏舎
・牛舎

「アドグリーンコート」は実際に動物のいる環境での使用実績や効果が実証されているため、ご訪問先のお客様からもご理解いただくことができました。

遮熱塗装の無料テストで効果を実感できる!
アースエンジニアリング関西では、遮熱塗料をご依頼いただく前に、無料の施工テストを提案しています。

実際に屋根などの狭い範囲に「アドグリーンコート」を既定の3回塗りにて実施し、実際に遮熱塗装の効果を実感いただくという内容です。

「アドグリーンコート」を塗っている場所とそうでない場所をサーモグラフィーカメラで撮影し、温度のひらきを目で見て実感いただくようにご案内しています。

お客様に実際に触ってもらうことで、効果を実感していただいてから遮熱塗装工事のご提案が可能です。

当社の扱う遮熱塗料は、動物や人間にも優しい水系塗料。

舎の暑さにお悩みの畜産業の方も、当社アースエンジニアリング関西へ安心してご相談ください。

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ

【修繕工事】営業担当が語る雨漏りの原因3つ

2021.04.07 00:03



こんにちは。
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

春は天候が変わりやすい季節と言われています。

最近では、突然の雨や突風が昔に比べて増えてきていると感じている方も少なくないでしょう。

特に80~90年代初頭に建てられた倉庫や工場などを管理されている事業者様は「雨漏り」に悩まされているのではないでしょうか。

屋根修繕工事を入れたにもかかわらず、雨漏りの発生源が特定できず工事を繰り返しているという事業者もあるほどです。

そこで今回は、実際に雨漏り修繕の工事に立ち会いした私が、事業者様のお話を元に主な雨漏りの原因を3つご紹介します。


頭を悩ます雨漏り!主な原因3つ
私がアースエンジニアリング関西に入社して以来、多くの事業者様とお話する機会がありましたが、「建物内の雨漏りに悩んでいる」と打ち明けてくださった事業者様もたくさんいました。

雨漏りに悩むお客様からお話を聞いたり、実際に実地調査をした際に良く遭遇した、主な雨漏り原因を3つご紹介します。


1)経年劣化

建物の経年劣化による腐食などが原因で雨漏りが発生しているという場合が多くあります。

特に工場や倉庫の場合、1980年から1990年にかけては工場立地件数の増加傾向にあったという背景があったそうです。

この年代に建てられた工場や倉庫では、建物の経年劣化により雨漏りに見舞われていることがわかっています。


2)酸性雨
酸性雨が倉庫の屋根の腐食に少なからず影響している可能性があります。

特に銅板の屋根材を使用している場合は、酸性雨により屋根の腐食やサビだけでなく、ひどいときは屋根を溶かすのです。

また、酸性雨には屋根の塗装を溶かす作用もあります。

屋根を保護するために塗装を施しているにもかかわらず、酸性雨に晒され続けたことにより塗装が解けてしまい、防水効果が見込めなくなるという問題もあるほどです。


3)増築工事により出来た「取り合い」
工場や倉庫など、建物を増築した際にできる「取り合い」という部分があります。

最近では、突然の豪雨や突風だけでなく台風も強さを増していますが、雨が横殴りになりやすい気候も相まって、雨水が巻き上げられ「取り合い」から侵入したというものです。

「取り合い」からの雨漏りは原因が突き止めづらいため、気が付かずに何度も雨漏り修繕しては雨漏りに悩まされるという方も多くいます。


増築により古い部分と新しい部分が歪むケースも
「地震以外でも建物が動く」という話を耳にした方もいるかもしれません。建物は、地震に限らず日々の活動によりわずかに動いています。

特に増築工事をしている場合、古い部分と新しい部分で建物のうごく割合が異なることもあり、わずかなひずみが生じがちです。

わずかなひずみから巻き上げられた雨が入り込み、雨漏りの原因になってしまう場合もあります。


アースエンジニアリング関西の修繕工事は雨漏りを100%止める!秘密は?
まるで「いたちごっこ」のような雨漏りの原因を一発で特定し、しっかりと修繕してくれる業者があると嬉しいのではないでしょうか。

アースエンジニアリング関西では、「雨漏りを1回の工事で100%止める」ために日々営業活動をしています。

協力会社の作業員が屋根に登り原因を突き止めるという調査方法だけでなく、アースエンジニアリング関西の場合は雨漏りを100%止めるために「散水調査」も可能です。


散水調査とは?アースエンジニアリング関西の場合
散水調査とは、屋根から散水機などを使い人工的に雨を降らすことにより、どこから雨漏りしているかを調査する方法です。

当社アースエンジニアリング関西の場合、散水機だけで雨漏りを特定するのではなく、サーモグラフィ―と組み合わせることにより雨漏り原因発見の精度が上がります。

過去には散水調査によって雨漏りの原因をしっかり突き止めたことにより、他の会社では止められなかった雨漏りがピタッと止まったという実績も!


雨漏り修繕と遮熱塗装も提案します

アースエンジニアリング関西の場合、雨漏り修繕したあと屋根の補強も含め、上から遮熱塗装することもご提案しています。

屋根に塗料という膜を張ることにより、見た目を良くするだけでなく長持ちさせやすいためです。

遮熱塗装はほかの塗料と異なり、配合素材により太陽の熱をワンクッションおいて吸収してくれる役割があるため、倉庫内の温度低下に役立ちます。

遮熱塗装についてはコチラのブログ記事をご参照ください。


雨漏りでお困りの方はアースエンジニアリング関西へご相談を!
東南アジアのような強い雨が降りやすい熱帯気候・台風の多い気候に近づいてきた昨今。
さらに、梅雨の時期も昔に比べて長くなったように感じます。

雨の多い時期に入る前に、今の日本の気候に合わせた雨漏り対策を検討してみてはいかがでしょうか?

雨漏り修繕はもちろん、屋根を守る塗装についてお困りごとがある方は、どのような些細なことでもぜひアースエンジニアリング関西へご相談ください。

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ

倉庫特有「湿気対策」!結露は結露防止塗料で解決!

2021.03.31 19:57


こんばんは!
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

桜も咲きはじめ、だんだんと温かくなってきましたよね。

ですが、この時期から多くの倉庫管理者様が「倉庫内の結露」問題について考え始めていることでしょう。

私が月曜日にお伺いしたお菓子メーカーの物流倉庫様でも、同じような悩みを抱えて困っていらっしゃいました。

倉庫は湿気が溜まりやすい!
一般家庭でも、梅雨の時期や冬の季節、多くのご家庭で結露に悩まされていることでしょう。

同じ悩みは、実は私たちの口にするお菓子や生活を支える日用雑貨などを管理する物流倉庫でも発生します。

住居だけでなく倉庫をはじめ、私たちの利用する建物のほとんどは

・鉄筋コンクリート
・アルミサッシ

などの新しい建築建材で建てられていますが、建物が頑丈になった代わりに通気性が悪くなるというデメリットも生み出しているのです。

通気性が悪くなり外気と室内温度の高低差生じることにより、結露が発生しやすくなります。

倉庫に結露が発生すると何が起こる?
お悩み実例3つ

倉庫内に結露が発生すると、住居とは異なる問題が発生します。

私が月曜日にご訪問させていただいたお菓子メーカー様がご相談してくださった悩みの実例をもとに、倉庫内の結露がもたらす問題を3つご紹介します。

きっと、同じ悩みを持つ事業者様も多くいらっしゃるかもしれません。

1)商品が梱包された段ボールに被害
商品の梱包にかかせない段ボール。

一般的な紙箱よりも頑丈に作られていますが、床をはじめとする倉庫内の結露には敵いません。

段ボールは紙です。段ボールが空気中の湿気を吸い込んでしまい、柔らかくなるのは避けられません。

水分を吸い込んだ段ボールから、カビなども発生する可能性があるでしょう。

また、倉庫では多くの段ボールが積み上げて保管していることから、柔らかくなった段ボールがつぶれてしまい、崩れてしまうということもあります。

ご訪問させていただいたお菓子メーカー様でも、この問題に悩まれていました。

お菓子メーカー様の場合、段ボールがつぶれてしまっただけでも商品が一切出荷できないそうです。

他の物流倉庫でも同じように「段ボールがつぶれると出荷できずに廃棄」という施策を取っているところも少なくないでしょう。

湿気による段ボールの型崩れや潰れをどうにか対処して、損失なくすべての商品を美品で出荷したいですよね。

2)床の結露で倉庫内事故が発生する懸念
倉庫に入った際、「雨漏りしているわけではないのになぜか床が水浸しだった」という経験はありませんでしたか?

倉庫の結露は住居と異なり、建物全体の中でも特に「床」が湿りやすいのです!

床が結露で水浸しになると滑りやすくなります。

作業員が水浸しになった床で滑り、転倒事故が発生しやすくなるでしょう。

それだけでなく、作業時に使うフォークリフトなどの機械も滑ってしまい倉庫内事故につながるのです。

湿気を少しでも減らせば安心して作業できると考えられるため、作業効率を上げることできるかもしれません。

3)作業環境
最近では倉庫の仕事の機械化やAI化など人の手を少なくする取り組みも進みつつありますが、まだまだ人の手が必要です。

倉庫に湿気が溜まってしまうと、倉庫内の体感温度がまるで東南アジアの熱帯気候の様にジメっとした暑い環境下になりがちです。

さらに、前述の床の結露も相まって、作業員も慎重に倉庫内を動かなければなりません。

熱中症に気をつけながら転倒防止しながら作業をしていては、本来のマンパワーも発揮しづらくなるでしょう。

倉庫内の結露は「結露防止塗料」をおすすめ!
倉庫内の結露は、倉庫内の環境だけでなく取扱商品・作業員の作業環境などの悩みを生み出します。

今回、私が訪問させていただいたお菓子メーカー様と同じような悩みを抱えている倉庫管理者様もまだまだたくさんいるかもしれません。

結露や湿気問題にお悩みの事業者様こそ、当社アースエンジニアリング関西は 「結露防止塗料(スーパーボーロ)」の導入をおすすめしています。

「結露防止塗料(スーパーボーロ)」には、最近お風呂用マットにも導入されている植物プランクトンの化石「珪藻土」が含まれています。

珪藻土には、表面に無数の孔と呼ばれる穴が空いており、自立呼吸するという仕組みがあります。

湿気も水分を含んでいますので珪藻土のパワーで倉庫内の湿気を吸収し、乾燥すると保持する水分を放出してくれる効果が期待できるのです!

珪藻土を配合した「結露防止塗料(スーパーボーロ)」を塗るだけで、倉庫内の湿度をある程度コントロールできるようになるでしょう。

今回訪問させていただいたお菓子メーカー様も、珪藻土を配合している「結露防止塗料(スーパーボーロ)」に興味を持ってくださりました。


結露防止塗料のご相談はアースエンジニアリング関西まで!
「結露防止塗料(スーパーボーロ)」に関するお見積もりのご相談や施工のご相談などは、お気軽にアースエンジニアリング関西へご相談ください。

専門知識を持った担当者が直接ご訪問のうえ、現状の確認や塗料の説明いたします。

【メールでのお問い合わせはコチラから】

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ

遮熱塗装「アドグリーンコート」の期待できる効果3つ

2021.03.24 03:13



こんにちは。
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

コロナウイルス感染拡大の影響による通信販売サイトの活発化に伴い、物流事業も活発になっていますよね。

倉庫を活用する会社様も、倉庫内における暑さ対策の必要性を感じているのではないでしょうか。

ご予算の関係で、「なかなか空調設備を導入しづらい」「他に簡単に暑さ対策できる工事はないのか」という悩みを持った会社様もあることでしょう。

前回、私の社員ブログ記事で「遮熱塗装」で当社が採用する「アドグリーンコート」について軽く触れましたが、今回はもう少し踏み込んで遮熱塗装のお話をしたいと思います。

今回のテーマは、「アドグリーンコート」を使うと期待できる効果についてご紹介します。

「アドグリーンコート」のことが気になる方の参考になれば幸いです。


遮熱塗料「アドグリーンコート®」を使うと期待できる遮熱効果3つ


当社が遮熱塗装で取り扱う「アドグリーンコート®」は、特殊なセラミック「アドマファイン」の入った水性塗料で、主に以下の遮熱効果が期待できます。

・倉庫など建物を暑さから守る
・冷房費用の節約に繋がる
・太陽光などの熱が原因による建物の損傷を防ぐ

これだけ見ても、遮熱塗料を採用することで得られる効果は大きいと言えるのではないでしょうか。

1)倉庫など建物を暑さから守り損傷を防ぐ

最近では、地球温暖化やヒートアイランド現象という環境問題も、日本では無視できないテーマになっていますよね。

実は、「アドグリーンコート」は開発の背景には、ヒートアイランド現象対策が関係しています。

遮熱塗料は太陽の光を効率よく反射して熱を放出してくれるため、表面温度が下がり室内に伝わりにくくなるのです。

2)冷房費用の節約につながる

遮熱塗料「アドグリーンコート」を利用することで、実は冷房代の節約にも繋がります。

「アドグリーンコート」を販売するNCK株式会社によれば、屋根や建材に熱を溜めないことから、電気代がおよそ20%削減したという結果も出ています。

ここ数年の日本では、夏場の空調は切っても切り離せない存在になりつつありますが、空調の負荷も減るのであれば施工を検討する判断材料になるのではないでしょうか。

3)太陽光の熱による屋根の損傷を防ぐ

これまでにも、遮熱塗料は何種類も登場し、様々な建材に使われてきました。

遮熱塗料の中にもセラミック粒子が入っており、従来の遮熱塗料の場合、セラミックに熱を溜めて膨張・収縮することにより断熱効果が発揮されてしていました。

しかし、地球温暖化やヒートアイランド現象によって日本も高温多湿の夏日が増えてきました。

従来の遮熱塗料では熱膨張と収縮にセラミック自体が耐えられなくなり、塗料が割れてしまうようになったのです。

割れた塗料からはホコリや汚れが入り込んでしまい、見た目が悪くなるだけでなく、屋根や壁など建材本来の熱遮断機能が果たせなります。

アドグリーンコートの場合は、熱に耐える特殊セラミックが入っているだけでなく、セラミックの大きさが従来製品の10~100倍と言われる極小であるため、表面の凹凸が少ないという特徴があります。

そのため、雨や泥をはじめとする汚れの定着防止につながるので、従来の遮熱塗料よりも長持ちしやすいという声が多くあります。


まとめ
塗料ひとつ変えるだけで遮熱効果が大いに期待できるのが、遮熱塗装です。

空調設備がなかなか導入できないという会社様こそ、この機会に遮熱塗装を活用してみてはいかがでしょうか。

アースエンジニアリング関西は、日本で限られた「アドグリーンコート」認定施工業者です。

高品質で確かな効果のある塗装工事を実施するだけでなく、経験豊富な担当者が、お客様の悩みに寄り添ったご提案をさせていただきます。

遮熱塗装に関するテスト施工も可能ですので、遮熱塗装について気になる方はアースエンジニアリング関西へお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ

遮熱塗装とは?現役塗装工事会社の営業担当者が解説します

2021.03.22 18:42


こんにちは。
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

先日、私も現場立ち会いでのテスト施工のご依頼を受けましたが、有難いことに当社のホームページをみてお問い合わせをいただく機会が増えております。

本当にありがとうございます。

さて、だんだん暖かくなりましたが、心配なのは毎年夏の熱さしのぎではないでしょうか。

特に関西は盆地が多いので、夏は暑くなりがちです。

空調が不要な倉庫だとしても、いざ中に入ったら暑くて作業にならないという会社様もあることでしょう。

当社では遮熱塗装も取り扱っていますが、まれにご訪問する会社様から「本当に効果があるの?」と聞かれることもあります。

そこで今回は、当社でも倉庫の建物にはかかせない「遮熱塗装」について、営業担当社がわかりやすく解説します。

「遮熱塗装」が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

遮熱塗装とは?
遮熱塗装は塗料の本来の役目である「見た目の美しさ」と「屋根本体の保護」に加え、熱を遮断するための特殊セラミック「アドマファイン」が入ったの特殊な塗料です。

当社アースエンジニアリング関西で使用している遮熱塗装は国際特許技術を取得し、ハイテク機器の熱対策にも用いられている「アドグリーンコート®」という塗料です。

品質や性能がJIS規格という形で認められているというだけでなく、耐久性・防汚性に優れていることから、塗装からおよそ10年経過しても90%の遮熱効果を維持できます!

また、環境にも優しい水系の塗料で出来ているため、様々な認定も受けています。

【認定されいているマーク一覧】
・JIS規格
・エコマーク
・カーボンオフセット付
・環境省 環境技術実証事業番号
・台湾グリーンマーク
・中国環境ラベル
・シンガポールグリーンラベル

遮熱塗装なら当社にお任せ!
遮熱塗装は本当に効果があるのか疑問に思う方も多いかもしれません。

そのような場合こそ、当社では効果を実際にお見せする「テスト施工」も実施可能です。

アースエンジニアリング関西では、高品質確かな効果がある遮熱塗装工事を、お客様のご要望に合わせて安全かつ丁寧に実施しています。

お客様とのコミュニケーションも大切にしながら要望を汲み取り、最善の工事を見つけてまいりますので、お困りごとがあればぜひお気軽にアースエンジニアリング関西へお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ