大阪・兵庫・京都・滋賀の倉庫・建物に関する環境改善|大規模修繕・遮熱塗料・結露防止・電子ブレーカー・空調・補助金申請サポート

TEL:075-741-8810 【受付時間】9:00〜18:00(平日)

HOME > 社員ブログ

社員ブログ

畜産業界の方必見!家畜舎にも使える遮熱塗装【お客様ご訪問実績】

2021.04.23 03:26



こんにちは。
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

だんだんと暖かくなり、夏に向けての商品も街中やインターネットショッピングサイトでも見かけるようになりました。

一方の酪農などの畜産業のみなさまも「動物たちの暑さ対策に力を入れたい」とお考えではないでしょうか。

これから2021年の猛暑が迫りくる中、夏の暑さに困っているのは工場や倉庫などで働く作業員だけではなく、牛や豚・ニワトリなどの動物たちも当てはまるということに改めて気づかされました。

今回は、お客様の訪問事例から、動物たちの暮らす舎の屋根塗装に遮熱塗装がおすすめである理由をお話します。

今回のブログをもとに、畜産業など動物に関わる事業を営んでいる方の暑さ対策の選択肢として遮熱塗装も検討していただけると幸いです。


農場の動物たちも暑さで困っている
今回、私は愛知県で畜産業を営むお客様の遮熱塗装のテスト施工を提案しました。

業者の方はもちろん、一般の方も出入り自由で、生みたてのたまごを自由に購入できるなどとても開けた場所です。

お客様はこれまで独自の暑さ対策を講じてきたそうですが、お話の中で現在の日本の暑さは自己流の対策ではどうしようもないことがわかりました。


舎の構造上、農場の動物たちに空調を使えないというお悩み
特に畜産業の場合、空気の入れ替えなどの理由で密閉空間における家畜の飼育は難しいと言えます。

今回ご訪問させていただいたお客様の場合、空調での温度調整が困難であることから、打ち水(散水)にて屋根を冷やして舎の温度を下げていたようです。

打ち水などの散水は、水を撒くことで表面を冷やし温度を下げるというもの。

しかし、現在の日本の暑さは打ち水や散水などではわずかに下がる程度でほとんど効果が見られないほど高温になっています。

お客様も、散水ではどうしようもない暑さでお悩みでした。


舎の暑さの原因は輻射熱
舎に限らず、工場や倉庫などでも生じる暑さの原因は、日中の暑さを逃がせないまま建材が溜め込んでしまう「輻射熱(ふくしゃねつ)」です。

これまでは、夜が涼しくなることで建物の熱を外に逃がしていました。

しかし、最近は夜でも30度以上となる場合が増えてきたことで、建物の熱が放出されにくくなっているのです。

放出できなくなった熱は、まるで熱中症の時と同じような状態。
熱は建物に蓄積され、夜になっても暑いだけでなく、朝もむわっとした暑さが残りやすくなります。


農場の動物たちへの影響
畜産業を営むお客様によれば、牛は暑さによるストレスが牛乳の生産に関わるだけでなく、ニワトリの場合は暑さにより死んでしまうという事例が多いとのことです。

さらに、豚もエサを食べなくなってしまうとのこと。
畜産業と暑さ対策は切っても切り離せないことがわかります。


動物のいる場所でも使える「遮熱塗装」

塗料と聞くと、動物に対する安全性が懸念されることでしょう。

当社が取り扱う遮熱塗料「アドグリーンコート」は、人体にも環境にも優しい「水系塗料」であるため、動物がいる環境でも安心してご利用可能です。

「アドグリーンコート」を販売するNCK販売株式会社の実績として、動物が関わる施工事例に以下が挙げられます。

・サファリパーク 百獣の王バックヤード
・厩舎(きゅうしゃ)
・鶏舎
・牛舎

「アドグリーンコート」は実際に動物のいる環境での使用実績や効果が実証されているため、ご訪問先のお客様からもご理解いただくことができました。

遮熱塗装の無料テストで効果を実感できる!
アースエンジニアリング関西では、遮熱塗料をご依頼いただく前に、無料の施工テストを提案しています。

実際に屋根などの狭い範囲に「アドグリーンコート」を既定の3回塗りにて実施し、実際に遮熱塗装の効果を実感いただくという内容です。

「アドグリーンコート」を塗っている場所とそうでない場所をサーモグラフィーカメラで撮影し、温度のひらきを目で見て実感いただくようにご案内しています。

お客様に実際に触ってもらうことで、効果を実感していただいてから遮熱塗装工事のご提案が可能です。

当社の扱う遮熱塗料は、動物や人間にも優しい水系塗料。

舎の暑さにお悩みの畜産業の方も、当社アースエンジニアリング関西へ安心してご相談ください。

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ

【修繕工事】営業担当が語る雨漏りの原因3つ

2021.04.07 00:03



こんにちは。
アースエンジニアリング関西の営業担当・亀田です。

春は天候が変わりやすい季節と言われています。

最近では、突然の雨や突風が昔に比べて増えてきていると感じている方も少なくないでしょう。

特に80~90年代初頭に建てられた倉庫や工場などを管理されている事業者様は「雨漏り」に悩まされているのではないでしょうか。

屋根修繕工事を入れたにもかかわらず、雨漏りの発生源が特定できず工事を繰り返しているという事業者もあるほどです。

そこで今回は、実際に雨漏り修繕の工事に立ち会いした私が、事業者様のお話を元に主な雨漏りの原因を3つご紹介します。


頭を悩ます雨漏り!主な原因3つ
私がアースエンジニアリング関西に入社して以来、多くの事業者様とお話する機会がありましたが、「建物内の雨漏りに悩んでいる」と打ち明けてくださった事業者様もたくさんいました。

雨漏りに悩むお客様からお話を聞いたり、実際に実地調査をした際に良く遭遇した、主な雨漏り原因を3つご紹介します。


1)経年劣化

建物の経年劣化による腐食などが原因で雨漏りが発生しているという場合が多くあります。

特に工場や倉庫の場合、1980年から1990年にかけては工場立地件数の増加傾向にあったという背景があったそうです。

この年代に建てられた工場や倉庫では、建物の経年劣化により雨漏りに見舞われていることがわかっています。


2)酸性雨
酸性雨が倉庫の屋根の腐食に少なからず影響している可能性があります。

特に銅板の屋根材を使用している場合は、酸性雨により屋根の腐食やサビだけでなく、ひどいときは屋根を溶かすのです。

また、酸性雨には屋根の塗装を溶かす作用もあります。

屋根を保護するために塗装を施しているにもかかわらず、酸性雨に晒され続けたことにより塗装が解けてしまい、防水効果が見込めなくなるという問題もあるほどです。


3)増築工事により出来た「取り合い」
工場や倉庫など、建物を増築した際にできる「取り合い」という部分があります。

最近では、突然の豪雨や突風だけでなく台風も強さを増していますが、雨が横殴りになりやすい気候も相まって、雨水が巻き上げられ「取り合い」から侵入したというものです。

「取り合い」からの雨漏りは原因が突き止めづらいため、気が付かずに何度も雨漏り修繕しては雨漏りに悩まされるという方も多くいます。


増築により古い部分と新しい部分が歪むケースも
「地震以外でも建物が動く」という話を耳にした方もいるかもしれません。建物は、地震に限らず日々の活動によりわずかに動いています。

特に増築工事をしている場合、古い部分と新しい部分で建物のうごく割合が異なることもあり、わずかなひずみが生じがちです。

わずかなひずみから巻き上げられた雨が入り込み、雨漏りの原因になってしまう場合もあります。


アースエンジニアリング関西の修繕工事は雨漏りを100%止める!秘密は?
まるで「いたちごっこ」のような雨漏りの原因を一発で特定し、しっかりと修繕してくれる業者があると嬉しいのではないでしょうか。

アースエンジニアリング関西では、「雨漏りを1回の工事で100%止める」ために日々営業活動をしています。

協力会社の作業員が屋根に登り原因を突き止めるという調査方法だけでなく、アースエンジニアリング関西の場合は雨漏りを100%止めるために「散水調査」も可能です。


散水調査とは?アースエンジニアリング関西の場合
散水調査とは、屋根から散水機などを使い人工的に雨を降らすことにより、どこから雨漏りしているかを調査する方法です。

当社アースエンジニアリング関西の場合、散水機だけで雨漏りを特定するのではなく、サーモグラフィ―と組み合わせることにより雨漏り原因発見の精度が上がります。

過去には散水調査によって雨漏りの原因をしっかり突き止めたことにより、他の会社では止められなかった雨漏りがピタッと止まったという実績も!


雨漏り修繕と遮熱塗装も提案します

アースエンジニアリング関西の場合、雨漏り修繕したあと屋根の補強も含め、上から遮熱塗装することもご提案しています。

屋根に塗料という膜を張ることにより、見た目を良くするだけでなく長持ちさせやすいためです。

遮熱塗装はほかの塗料と異なり、配合素材により太陽の熱をワンクッションおいて吸収してくれる役割があるため、倉庫内の温度低下に役立ちます。

遮熱塗装についてはコチラのブログ記事をご参照ください。


雨漏りでお困りの方はアースエンジニアリング関西へご相談を!
東南アジアのような強い雨が降りやすい熱帯気候・台風の多い気候に近づいてきた昨今。
さらに、梅雨の時期も昔に比べて長くなったように感じます。

雨の多い時期に入る前に、今の日本の気候に合わせた雨漏り対策を検討してみてはいかがでしょうか?

雨漏り修繕はもちろん、屋根を守る塗装についてお困りごとがある方は、どのような些細なことでもぜひアースエンジニアリング関西へご相談ください。

この記事を書いた人亀田 雄也社員紹介ページへ