大阪・兵庫・京都・滋賀の倉庫・建物に関する環境改善|大規模修繕・遮熱塗料・結露防止・電子ブレーカー・空調・補助金申請サポート

TEL:075-741-8810 【受付時間】9:00〜18:00(平日)

HOME > 社員ブログ

社員ブログ

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事

オリンピック延期は YES or NO ?

2020.03.25 09:17

昨日、安倍首相からオリンピックを最長来夏まで延期するとの発表がありました。
以前からの新型コロナの影響に加え、更なる経済活動の低下が懸念されています。
でも、稼働状況ではなかなかできなかったことが、できるようになったと考えてはいかがでしょうか。
大規模修繕、屋根修繕、外壁塗装、屋根塗装、機械移設、機械レイアウト変更等の長期工場休止期間でないとできなかったことが、できると考えたはいかがでしょうか。
実際にゴールデンウィークやお盆の時期の計画を前倒しにするケースが増えています。
特に遮熱塗装を含めた暑さ対策を先行して計画することが多くなっています。
今こそ、設備変更・設備投資に最適な時期だと認識し、実行されてはいかがでしょうか?
雌伏の時期に何をするかです。
是非一度弊社にご相談ください。

この記事を書いた人大久保 貴之社員紹介ページへ

思い込み

2020.03.23 08:00

愛知県に出張し、最初に口にしたのが”世界の山ちゃん”の手羽先でした
30年前の記憶よりとてもスパイシーで、あまり多くを食せませんでした。
自分の中ではとてもおいしかった記憶しかなく、現実とのギャップに戸惑いました。
今までの自分の判断も思い込みであったかもしれません。
遮熱塗装は効果がない、冬場の効果がない、費用が高い、効果が持続しない、環境に悪い影響がある、などです。
当社は、環境配慮企業とした水系遮熱塗料であるアドグリーンコートⓇを取り扱っていますが、上記全ての要因を否定する性能を有しています。
今までの印象を一度はくしに戻して検討してはいかがでしょうか。
是非一度ご相談ください。

この記事を書いた人大久保 貴之社員紹介ページへ

出張です

2020.03.19 15:31

いま、愛知県に出張中です。
自動車関連部品メーカーの工場でワーク識別ロボット設置工事に携わっています。
プログラマーはリーダー以外は全て中東、東南アジアの外国人でビックリしました。
仕事中にいなくなったり、お祈りしたり、とても刺激的です。
仕事は優秀で、これがグローバル化なのかと思ったりしています。
今迄に経験したことのない環境なので、楽しんでいます。
関西以外の工事でも対応いたしますので、是非お声掛けください。

この記事を書いた人大久保 貴之社員紹介ページへ

マンション大規模改修工事始まりました!

2020.03.05 17:07

大阪深江橋の賃貸マンションの大規模改修工事を受注させて戴き、
3月2日(月)より工事が始まりました!
とっても手入れが行き届いた若い女性がターゲットのマンションです。
築9年での大規模改修ですのでオーナーの心意気が伝わって来ます。
家賃がお手頃だけではもう通用しない時代なのですね、
ターゲットの心を掴む努力が必要なのですね。
時代の付加価値を確りと見極めなければ終わってしまいます。
大変勉強になる物件の工事となりました、
2年後3年後に結果が楽しみな工事です!

この記事を書いた人辻村 春雄社員紹介ページへ

一人ひとりの心がけ

2020.03.03 10:16

ニュースでも取り上げられていましたが、
京都府亀岡市は2018年に、「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」をしました。2020年夏にはレジ袋使用禁止条例が施工される予定です。この宣言が出された背景には、亀岡市の観光名所である保津川のごみ問題が関わっているそうです。約20年前、川下りの船頭たちは川岸に流れ着く大量のプラスチックごみに、頭を悩ませていました。そこで一人の若手船頭が清掃活動をはじめ、それが少しずつ地域全体の取組へと広がっていったそうです。
その後NPO法人 プロジェクト保津川」が立ち上がり「ごみのマップ」というスマートフォン・タブレット用アプリが開発され、ごみが多い場所をアプリで報告してもらい、重点的に清掃すべき箇所を見つけ、定期的に実施している清掃活動には子どもから大人まで、地域に住むおおぜいの方々が参加しているそうです。

保津川の終着地点である大阪湾の海底には、約300万枚のレジ袋が沈んでいることが分かっているそうです。ポイ捨てだけでなく、きちんと分別し行政などのごみ回収に出していても、海へ流出している可能性はゼロではなく、カラスや猫がゴミの集積所を散らかしたり、強い風によって飛ばされてしまうこともあります。
もはや私たちがコントロールしきれない量のプラスチィックごみが世の中にあふれ、排出されています。ゴミが海に出てからでは、なす術がありません。何からはじめたらいいのか分からないという方はまず「私はもらわない!」などゴミを減らす努力が必要です。

派遣スタッフ 片岡

この記事を書いた人未分類社員紹介ページへ