大阪・兵庫・京都・滋賀の倉庫・建物に関する環境改善|大規模修繕・遮熱塗料・結露防止・電子ブレーカー・空調・補助金申請サポート

TEL:075-741-8810 【受付時間】9:00〜18:00(平日)

HOME > 社員ブログ

社員ブログ

DGP~!?

2020.05.29 09:17

【【CNS】世界銀行(World Bank)の公式ウェブサイトよりの抜粋】
【先日、「世界経済の購買力平価および規模 2017年国際比較プログラム」が発表された。
国際比較プログラム(ICP)の計算法による購買力平価(PPP)で比較した17年世界各国のGDPは、
中国が19兆6000億ドル(約2110兆円)で、米国より980億ドル(10兆5500億円)多く、世界一になった。
しかし、為替レートを使う一般的計算法のGDPでは、今年の1~3月期、
中国が2兆9600億ドル(約318兆6000億円)、米国が5兆2600億ドル(約566兆2400億円)で、やはり米国が世界一だ。

GDPの数値が異なるのは、長年使われてきた為替レート法と世界銀行のPPP法の統計方法の違いによるという。
中国は、PPP法のGDP規模では世界一になったが、やはり「世界最大の発展途上国」である
PPP法で17年の中国の1人当たりGDPは、世界の平均水準の85.3%で、世界序列では90位。
これは為替レート法の序列79位から11位後退した数値だ」という。
1人当たりの消費支出が世界の平均水準と比べまだ低いという点で、中国は依然として発展途上国だといえる。】

ぼんやりとしか理解出来ません。
「GDPが30分でわかる!」本があるので読んでみます。

この記事を書いた人辻村 春雄社員紹介ページへ

夏も目前

2020.05.29 08:09

奄美地方が梅雨入りしたとはいえ、まだまだ本州は梅雨といえるような天気ではありませんね。
むしろ、雲の切れ間から覗く日差しが夏の暑さを思わせます。

三か月天気予報がでて、今年の夏もとても暑くなるとなりましたね。さらに今年は新型コロナの影響でマスクが必須となっております。熱中症には気を付けないといけませんね。
暑い日差しで熱せられた建物には危険がいっぱいです。
毎年気温が高くなる傾向にある日本において、建物の温度上昇を抑制するという事は大事な事です。
アースエンジニアリング関西では建物用の唯一無二の遮熱塗料を取り扱っております。

断熱ではなく遮熱。

熱を中に伝えるのを遅くするのではなく、熱を入れさせない。

暑さ対策を根本から解決する遮熱塗料【アドグリーン】を是非一度お試しください。
アースエンジニアリング関西ではテスト施工も行っております。

コロナ禍と猛暑、一緒に乗り越えていきましょう。

この記事を書いた人松本 亜希社員紹介ページへ

「ブランド」大好き日本人!

2020.05.28 13:37

【ネットニュースより抜粋】
【新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シャープが液晶工場で生産するマスクの販売が好調だ。
マスクは一時に比べて品不足が解消され、商店街などでは安価で販売され始めている。
それらと比べるとシャープのマスクは割高ともいえるが、抽選ではこれまでに778万件超の応募があり、
発売当初は電子商取引(EC)サイトにアクセスが集中してIoT(人とモノのインターネット)
家電の操作に影響が出る一幕もあった。質の高さに加え、マスク生産にいち早く参入したことや、
社名が入る「プレミアム感」も人気の秘訣のようだ。(山本考志)】

従来は日本で流通しているマスクは殆んど全てが中国製品でした。
そして充分日本の規格を満たした商品が主流でした。
ころな禍に乗じてB品や粗悪品が出回ったと云う事で本来の商品は何等問題はありません。
わざわざマスクにブランド代を払う事は付加価値なのでしょうか?

この記事を書いた人辻村 春雄社員紹介ページへ

変革せねば!

2020.05.28 08:08

こんな事が書かれていました。
【私が強く訴えたいのは「従業員マインド」から「起業家マインド」へのシフトが必要不可欠になるということだ。
この考え方を持つだけでも、世界は違って見えるようになるだろう。
これからは自ら仕事を探し、行動できるように自分をトレーニングする必要がある。
これは嫌でもやるしかない。少しずつ変えていく努力をしてほしい。
今後は結果を出す人のタイプも変わっていく。

・じっくり、ゆっくり仕事をする人→スピード感を持って仕事する人への進化

・指示待ち人間→自発的に行動できるタイプへの進化

・飲んでコミュニケーション→健康管理が重視タイプへの進化

・アナログな人→ITリテラシーが高い人への進化などなど。

「変化の時」は「チャンスの時」でもある】


振返って見て前を向くしか無いのですね!

この記事を書いた人辻村 春雄社員紹介ページへ

コンプライアンスに反した故意犯ですね!

2020.05.27 15:17

【商品名に「バター香る」とうたいながら実際にはバターを使用していなかったとして、
消費者庁は30日、景品表示法違反(優良誤認)で販売元のコンビニ大手○○マート(東京都港区)と
製造元の山○製パン(同千代田区)に対し、再発防止を求める措置命令を出した。
同庁などによると、対象となったのは、○○マートが○崎製パンに製造を委託していた
プライベートブランドバター香るもっちりとした食パン」。
北海道内で2018年11月~19年10月に販売されていた同商品にはバターが使われておらず、
原材料欄に表示されていたもち米粉も使用されていなかった。
○○マート広報部は「再発防止に向けて管理体制を強化する」、
○崎製パンは「コンプライアンスの徹底を図り、信頼回復に努める」とコメントした。】
【時事ドットコム】より。

驚きました!
弊社の企業規模でもコンプライアンス意識があるのに、大企業病では済まされない。

この記事を書いた人辻村 春雄社員紹介ページへ